すっかり空いてしまったけど、 しっかり走ってますよ〜。

この暑い中・・・。 まあ、ペースもべっこり落ちてはいますが、 一応、月間200キロを目標に走っております。

で、先日、久々にペースアップして走ることに。

そう、妙に体が軽かったので、なんとなくだけど。

いつもはキロ5分オーバーくらいだけど、 その日は序盤からキロ4分25秒くらいのペース。

まあ、サブスリーにはちょっと届かないスピードだけど、 この時期にしては上出来なスピードだ。

何よりも、ソールずるずるのシューズで、 このペースで走るのは至難の業だったり。

 

で、一つ思ったのはスピードに乗ることの重要性。 なかでも一番大事なのは、 序盤でいかにペースを作るのかってこと。

 

ここ最近は、一度に10キロ走ってるけど、 最初からダラダラとキロ5分ペースぐらいで走ると、 結局、後半に巻き返すこともなく、 ずるずるとキロ5分20秒で終わることもある。

その日は、最初からスピードに乗れたので、 快調に飛ばして、キロ4分27秒で走り切れました。

スピードに一度乗ってしまえば、 あとはいかにロスを減らすか。 減速要素を作らないかがカギだ。

それに加えて、スピードダウンしてきたときの、 加速力を作ることも大切だ。

 

ほんの2、3歩でも構わない。 体をぐっと前に押し出して、スピードに乗せる。

あとはそのスピードをキープする。

走っているとスピードアップというと、 ずっと負荷がかかり続けるイメージがあるけど、 実際はそこまで負荷はかからない。

実は加速しようとする瞬間に一番負荷がかかるのだ。

さらには、加速し続けようとして走ると、 どうしてもフォームが乱れ、ロスの多い走りになってしまい、 しんどい割にはそれほどペースが上がらないという事態に・・・。

 

「体をスピードに乗せる。」

 

改めて、この大切さを感じたな〜。