日常の食事の糖質摂取量とカロリ―摂取量を計算して思ったことですが、

私には、糖質制限ダイエットとカロリー制限ダイエットの両立は難しそうです。 

         f:id:syosakoi:20150528224502j:plain

 

糖質制限ダイエットとカロリー制限ダイエットの両立が難しい理由は、

 

❶お酒が好きであること

 お酒(蒸留酒)の糖質量は、0ですがカロリ-計算では、

 焼酎一合が412kcalとして計算されます。

 二合飲むと824kcalとなり、刺身や焼き鳥などの酒の肴を食べると

 夕食だけで1日のカロリー摂取基準を超えてしまいます。

 

❷主食の代わりに肉・魚をしっかり食べます。

 肉や魚に含まれる糖質量は、ごくわずかですが、

 カロリー計算では、高カロリーな食材になります。

 (例:鶏唐揚100gで300kcal、糖質は、100gで0.1g+調味料の糖質)

 これでは、野菜しか食べるものがなくなってしまいます。  

          f:id:syosakoi:20150528225011p:plain

 

❸満腹感がないと食事をした気になりません。

 私が、カロリー制限ダイエットから糖質制限ダイエットに変更したのは、

 糖質制限ダイエットでは、食事量の制限が必要ないということです。

 もちろん、極端な大食いではありませんが、満腹感を感じるまで食べたい方です。

 カロリー制限ダイエットでは、カロリー摂取量を抑えるためには、

 どうしても食事量を制限する必要があります。

急いでダイエットをしたい場合や血糖値がとても高い場合などは、

糖質摂取量とカロリー摂取量の両方を制限することも可能だと思いますが、

糖質制限ダイエットは、糖質の多い食材だけ頭に入れておけばいいので、

とても楽に実践できます。

 

特にお酒の好きな方、お腹一杯食べたい方には超お薦めのダイエット方法です。