f:id:rakbaimai2:20170727115209j:plain

がんと言われてもいまだにピンときません。
がん=死が頭に過る程度で、「僕は大丈夫だろう!」っと安易に考えております。きっと全ての人が「大丈夫だよ!」っと思っているはず!(これが危険なのでしょうね

20代、30代、40代半ばまではあまり興味もありませんでした。気づくと47歳になってしまった僕。健康診断でも問題はありません。今現在です!が、いつどのようなことでがんになるのか?分かりませんね。

スポンサーサイトリンク


どの部位のがん死亡が多いか~年齢による変化

男性では、40歳以上で消化器系のがん(胃、大腸、肝臓)の死亡が多くを占めるが、70歳代以上ではその割合はやや減少し、肺がんと前立腺がんの割合が増加する。

女性では、40歳代では乳がん、子宮がん、卵巣がんの死亡が多くを占めるが、高齢になるほどその割合は減少し、消化器系(胃、大腸、肝臓)と肺がんの割合が増加する。

ganjoho.jp

2016年7月練馬区の健康診断での検便は異常無し!

2017年4月内視鏡検査をすると?直腸にポリープがあり、その場で切除しました。

プーケットでは内視鏡検査を40代に3回経験しております。腸を綺麗にする薬を飲むのですが、とにかく、とにかく苦しいのです。まずいのです。本当に吐き気がするのです。今思えば3回もよく頑張ったと思います。

前回は大変なことは1日で終わらせよう!っと胃カメラ&内視鏡検査を同時にやりましhた。本当に苦しかった()費用は約4,5000バーツ(約15万円)です。やはり高いですね。

ところが日本での検査。もう大感動でした