もしも。

2018/04/09

もしも、

もしも、

もしも。

あなたの願いが、

叶うのならば、

あなたは何を願うのか。

 

  夢                                   力

                     恋

                                             未来

    過去              友達

                                お金

             もっと他のもやっとしたもの。

 

 

あなたの願い募集中。

 

タイミング。

2018/04/09



去年の4月に撮影した、
近所の犬、クー太郎。 


この写真を10000人の写真展2010に出してて、
返却されてからクーの飼い主さんの渡そう渡そうと思いながら、なかなか渡せず。

そして、やっと今日渡しに行ってきました。

額に入れて、手作りのマット紙もちゃんと収めて。


飼い主さんに渡したら、

“あら〜!!!なんて素敵な顔なのかしら。ありがとう。”

って、うれし涙流してくれました。うるるる。

“不思議ねぇ。実は、今日、クーが天国に行ってから、丁度1年経つのよ。あなた知らなかったでしょう。”

と言葉を聞いたときは、もう吃驚。


最近姿をみなかったから、
もしかして東京に居る間に亡くなったのかなぁとおもってたけど、
ちょうど1年前に天国に行ってたなんて。16年も長生きしたんだね。


クーが導いてくれたんだろうなぁ、このタイミング。


ありがとう。


クー、
おばさんすっごく喜んでくれたよ。
写真をみては、
何度も何度も、
写真の中のクーに嬉しそうに話しかけてた。うん。

 

母なる夜 (ハヤカワ文庫SF)

母なる夜 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: カート,Jr.ヴォネガット,飛田茂雄
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1987/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 4人 クリック: 21回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る

なんの気なしに読み始めたカートヴォネガットの『母なる夜』が重く心にずしりと残った。いや、何も残ってはいない。ただ、この本には虚無の世界が転がっているだけであった。

主人公のキャンベル・ジュニアはイスラエルの監獄から自分の人生について語り始める。ナチスドイツのスパイとして活動していたこと(彼は広報機関に所属しており、ラジオでナチスドイツの扇動を行っていた)、それによって何万ものユダヤ人がガス室に送られ死んだこと、愛する彼の妻ヘルガが死んだこと、友人に裏切られたことなど、その波乱万丈な出来事を綴っている。

ヘイトスピーチ(最近はあまりニュースにならないけど)や政治家のナチス擁護とも取れる失言が取り挙げられる今日、この本は多くの示唆を与えてくれる、と僕は思う。

何が本当に大事なのかは、ヴォネガットさんに聞くしかない。

 

 30日の夜、新宿で「俺のこだわりを聞け」という、自分のこだわりというか趣味を数人相手に語り倒すという会に参加し、深夜から明け方にかけてアイドルについてしゃべり(曲流しただけですが)、始発で家に帰っても寝る時間ほとんどないよなあ、ということで新宿のマンガ喫茶に行って仮眠をとり(一歩呼んでたらあまり眠れなかったけど)、そのまま会場であるZepp DiverCity Tokyoへ。いやさすがに眠かった(笑)。
 では、相変わらず長い長いリポートをどうぞ(笑)。

 

ANNA☆S

 姉妹含む3人組。以前テレビCMをみた時は「こんな(容姿)でアイドルかよ!しかもCMとか、、、」と驚いたもんですが、その後実際のライブでみるととにかく元気溌剌!な感じがよくて自分の目の曇りっぷりに羞恥したわけですが、今回のライブもたった2曲とはいえやっぱり全力でパフォーマンスで素晴らしい。しかも前回にも増して客煽りがうまくなってて非常にすんなり盛り上がれる。今回オープニングアクとだったわけですが、まさにそういうポジションには最適のグループかも。

 

アップアップガールズ(仮)

 この人達もまた全力ライブが魅力のグループで、この日は(本編の)トップバッター。相変わらず、4つ打ちのアップテンポナンバーをこれでもかと繰り出してくるライブは迫力というか勢い満点で圧倒される。あまりにグイグイくるので引いちゃう人が居るかもしれませんが、個人的にはこれくらい過剰じゃないとおもしろくない。踊る阿呆に見る阿呆と言いますが、実際みてて阿呆になれることなんてそうそうあるもんじゃないわけですが、これはまさに見てる方もバカになれる。
 変な話、こういう周囲を気にせず他人の領域にガンガン踏み込んでくる感じが、今のアイドルの魅力というか、妙に物わかりのいい現代のロック勢が失ったものの一つじゃないかと思う。

 

ひめキュンフルーツ缶

 愛媛のアイドル。かなりハードめなロックな曲を主体としたグループでスケールの大きさが魅力。ただ、個人的にはちょっとキャッチーさに欠けるというか。ロックな感性を前面に押し出しすぎて愛嬌的な何かが薄くなっちゃってる印象もある。でも迫力あります。

 

BELLRING少女ハート

 パフォーマンスの質的な話をすればベルハーはひどい(笑)。学芸会といわれるのもむべなるかなというレベル。しかし、じゃあおもしろくないか、と言うとこれがめちゃくちゃおもしろいから音楽ってのは分からない(笑)。
 ほんとこのグループはおもしろい。技術はなくても熱かったり捨て鉢で破れかぶれだったりするなら、それはそれでおもしろいのはわかるんだけどそういうタイプでもない。じゃあひたすら無気力で無情な世界が拡がっているのかというとそうでもない。
 結局ベルハーの魅力は少女である、ということにつきる。くだらない話もだらしない行動も若干の計算された仕草ですら魅力に変えてしまう聖域(笑)。そしてそのきまぐれで何するか分からないネコみたいな行動原理が、ヘタすりゃただの自己満足に陥りそうな楽曲を、なんだかよく分からない振り付けを、あまりにしょぼい声量を、パフォーマンスとしては全然成立しそうにないそれらを蠱惑の世界に変えてくれるわけである。
 ふふふ、ワンマンライブのチケットはもう買ったぜ!

 

nanoCUNE

 ひめキュンの妹分だからnanoCUNE。曲調も同じようなハード路線ですが、こちらの方が少しキュートというか萌え要素を含んでる印象。でもやはり(曲調的に)シリアス路線はちょい苦手かも。

 

乙女新党

 乙女新党!乙女新党!乙女新党!非常に大事なので何度も書きますが、乙女新党ですよ!荒川ちか、葵わかなの2名は7月5日のワンマンライブで卒業。今回おそらく最後のイベント出場。直前まで葵わかなが不参加の予定でしたが、それもなんとかクリア(お疲れ様でございます)。4人揃ってのステージ。
 始まる前に付近の客が「乙女新党のライブってよく分かんないけどみんながずっと「フウ!フウ!」言ってる感じだから、そう言っときゃいいんじゃね?」とか言ってて「おい小僧!何もわかってねえなお前ら!」とか心の中で喝をいれたわけですが、ライブ始まったらそのとおりだった。
 いや、この日は音をよく聴こうと最前付近に行かずに中央あたりで見てたんですが、とにかく歓声がうるさい(笑)。乙女新党のライブは厄介連中が多い、という話はよくネットとかでもみてて「確かにうるさい連中はいるけど言われるほどのもんか?」と思ってたんですが、こりゃ多いわ(笑)。とにかくずっとファンがワアワア騒いでかけ声かけてる状態。まあうるさいうるさい(笑)。
 でも、このガチャガチャした感じ、これが乙女新党の魅力の一つかもと思えてくる。ベルハーとはまた少し違う、少女のもつ「かしまし感」とでも言えばいいのか、大騒ぎでも大盛り上がりでも大感動でもない「大はしゃぎ」。何言ってんの?と思われるかもしれませんが、昔の渋さ知らズと同じ魅力が今の乙女新党にはある。いやもう最高です。

 

GEM

 エイベックスのアイドルレーベル所属で、スパガ、チキパの妹分。好きな曲もあるんですが全体的にはあまり印象になかったグループですが、この日はかなりガンガン押しまくる構成で非常によかった。会場の音がいいのかパフォーマンスにノリと迫力があった感じ。

 

LinQ

 福岡のアイドル。おそらく天使すぎる子の所属グループと勘違いされてことが多くて大変じゃないかと思いますが(笑)、ローカルアイドルとしてはかなりのベテランで実力はすでに実証済み。この日も貫禄のステージだったわけですが、少し完成されちゃった感はなくもない。あまりにスルッと流麗すぎというかオシャレすぎというか。好きな曲もあるんですが。

 

ユフマリ

 寺嶋由芙とDorothy Little Happyの髙橋麻里によるユニット。@JAM EXPOに向けて結成されたユニットで、今回司会を担当し、さらに1曲披露。EXPOらしく和テイストな曲ですが、まあそれ以上の感想はありません(笑)。

 

ベイビーレイズ

 あまちゃんで有名になりすぎた感もあるグループですが、当然「暦の〜」は本来の路線とは全然違うわけで、この日は本来のロックンロールな路線で押しまくるライブ。
 このグループもまた大騒ぎなグループです。見てた場所がファンの中心部近くだったわけですが、モッシュは起きるわみんな飛び跳ねてるわまあ大変(笑)。その中に乙女新党のファンが多数いたのは決して偶然ではないだろうな(笑)。
 とにかくストレートなガールズロックナンバーを愛嬌たっぷりのパフォーマンスで繰り出すライブはかなり引き込まれる。ちょっといいかも。

 

東京パフォーマンスドール

 俺のようなおっさんは何に対しても懐疑的で斜に構えるんで、TPD復活!というニュースを聞けば当然のように「ああ、やらかしちゃったな」と思うわけで、これ多分同世代のかなりの人が同じこと思ったはずですが、そういう邪推とは関係なく新生TPDかなり順調なスタートをきってる印象。
 以前リリースイベントに行った時に何が驚いたって往年のTPDナンバーを披露したこと。なんちゅう卑怯な技を(笑)。
 この日も今度リリースされる新曲を除けばすべてTPDナンバー。こんなの楽しくないわけがない。そういう曲を知ってか知らずか会場もかなり盛り上がってました。
 これ、いい曲は時代を超える。というよりもTPDあたりの曲が昨今のアイドルソングの礎なんじゃないか?という気がする。
 そしてTPD、かなり可愛いです。ハイレベル。そしてあまりに使い尽くされて最近ちょっと珍しくなってきたと思う過度な表情作り(アレッ?/えへ♡/てへぺろ的なやつね)が案外いい(笑)。

 

でんぱ組.inc

 映像を駆使したステージ、ミュージカルのようにめまぐるしく展開される振り付け、性急なビートに乗せた唄、どれもが一級品ですごいんですが、もう完成されすぎちゃってて、はあと眺めてるしかできない感じ。
 結局わたしはよくも悪くもやらかす感のあるライブが見たいんだということを再認識した。別にライブを鑑賞したいわけじゃないつうか。演者の大騒ぎにこちらも大騒ぎして両者が共鳴しその垣根が曖昧になって渾然とした祝祭空間が拡がる、多分そういう夢をアイドル(とドルヲタ)にみてるんだな、と。

 

PASSPO☆

 こちらもベテランといっていいグループで、さすがのパフォーマンス。でも決して予定調和的になることなくグイグイと客を引っ張るライブはめちゃくちゃ面白かった。ラストの曲でメンバーが涙ぐんだのを見て少しうるっときた(笑)のはでんぱ組.incの時にいろいろ考えてたせいか、ステージとファンが一体となって盛り上がるさまを一緒に体験したせいか、、、。

 

Dorothy Little Happy

 仙台のアイドル。見たことのある人達ですが優等生的なイメージであまり印象に残ってない。しかし、この日は素晴らしかった。もともと楽曲がすごくポップでいい感じなんですが、それをストレートにこちらに反映させるパフォーマンスが素晴らしくて感動。押しがつよいわけでも激しいパフォーマンスなわけでもないのにグッとくるこの感じはかなり貴重。まあ、イベントの余韻のせいもかなりあると思うんですがトリとしては言うことないライブ。

 乙女新党とベルハーを除くといわゆる王道路線を中心としたラインアップで、正直どうかなあ、と思ってた今回のイベントですが、やっぱ王道ってのは王道たり得る理由があるわけで、その素晴らしさを十分堪能できたイベントでございました。

【6月5日】 K13  赤い空歩く人  赤い龍  音13

こんにちは!マヤ暦ライフクリエイター ☆山下千草です。
いつも当blogをお読みいただき有難うございます。

f:id:mayamuluc249:20170305073113j:plain

太陽の紋章は「赤い空歩く人」の日

今日は顕在意識に「赤い空歩く人」のエネルギーが影響します。キーワード「天と地の柱」「人々の成長を手助けする」「勇気」

世のため人のためを意識しましょう。

人の成長を手助けするような、人を導くことを意識してみてください。

今日は外に出て社会と交流しましょう。現場に出る、経験することが大切です。

「赤い龍の13日間」13日目 

www.mayareki-muluc.com

音13の日。「超越する」キーワード「没頭」。現状を超越し、没頭することで集大成へ。この13日間の仕上げの日としましょう。

--------------------------------------------

照合する易が今日から変わります。

今日、KIN13を含む・・・KIN13~KIN16は

 

『火天大有(かてんたいゆう)

 

自分自身が輝ける、居心地の良い場所、時を経て満足する。

志がしっかり定まり、固まることによって気の方向性が決まるでしょう。

打算を超えることが大事です。

--------------------------------------------------------

今日で「赤い龍」のウェイブスペル13日間が終わります。

始まりのエネルギーに乗っかって、たくさん種まきをしましたか?

とにかく、球は渾身の一球じゃなくていいんですよ。気軽にたくさん投げてみる!

まだ大丈夫。やり残していることがあれば、今日一日没頭して取り組んでみましょう。

明日からは「白い魔法使い」のウェイブスペルが始まります。

許容力、受容、全力投球が大切な13日間です。

この期間、射手座の満月を迎え、同時に2月から逆行していた天秤座木星が順行になります。海王星が逆行を始めたり。

マヤでは赤のウェイブスペルから白のウェイブスペルへ☆

「起」から「承」の13日間へ。また大きくエネルギーが変わります。

今日はこの13日間の仕上げとともに、明日からの準備の日としてみてくださいね。

さて今日は、自分が存在していることの不思議に心を向けてみる日。

自分自身をあるがままに感じてみましょう。いつもと違う観点で疑問や好奇心を見つめてみましょう。今一度自分自身に没頭し、自分の存在意義を見つめてみてください。

インラケッチ!今日も素晴らしい一日を♪

 

 \【キャンペーン】機嫌よく生きるためにマヤの暦を活用するセッション/ 

www.mayareki-muluc.com

 

 \セッション・お茶会・講座承ります/  

www.mayareki-muluc.com

 

 >>お申し込みはこちらから!

  

 

マヤ暦ライフクリエイター☆山下千草

------------------------------------------------

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

mayamuluc249☆gmail.com

☆を@に置き換えてください

   

 

 

2017年

2018/03/10

f:id:amanedoll:20170106185222j:image

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

去年は真夏のデザインフェスタに、グループ展『神様ごっこ』と、色々なことのあった一年でした。

 

f:id:amanedoll:20170202234510j:image

f:id:amanedoll:20170202234321j:image

 今年はちょっと制作に集中して、数を作りたいなあ、と思っています…

あと、ちゃんとブログを更新しよう。

 

 f:id:amanedoll:20170107003602j:image

こちらはこんな感じで色をつけてみました。

絵本が立体になったような雰囲気…?

この上に色を重ねて行きます。

 

1980年生まれで、ドラゴンボールと共に子供時代を過ごしドラゴンボール世代といっても過言ではないオラですが、なんか魔神ブウあたりから強さの基準がわからなくなってきましたよね!

フリーザですら惑星を一撃で壊せるくらいのパワーなのに…

フリーザ(ナメック星第3形態)<フリーザ(地球襲撃時)<ゴルド大王<人造人間18号、17号<セル(間全体)≦(?)ダーブラ<魔神ブウ(復活時の無邪気なブウ)<魔神ブウ(悪)と強さはなりますよね?

さらに、ビルズ様は魔神ブウ(悪)よりはるかに強く(次元が違う)、ゴールデンフリーザはビルズ様より弱く魔神ブウよりはかなり強いとなると思います。

悟空ブラック、ザマス(最終形態)は恐らくビルズ様には敵わないがゴールデンフリーザよりは強いと予想できます。

今後行われる力の大会には恐らくフリーザ(ナメック星第3形態)クラスはゴロゴロ出てくるでしょうし、魔神ブウ(悪)やゴールデンフリーザクラス、ザマス(最終形態)クラス以上もたくさん出てくるんでしょうね?

今回の力の大会を始めるきっかけを作った悟空のわくわくは今回ばかりはかなり宇宙規模の災害へつながるような気がするんですよね〜

てか、クリリンや亀仙人とかまともに戦えるのかなあ

奇策を巡らせるしかないよね

たしか亀仙人の戦闘力は200もいってなかったような…

やはり純粋地球人最強はクリリンかな?

まあ、なんにしろこれからのストーリーが楽しみですな(笑)

★アメブロにて、鍼灸マッサージ師としてみなさんに伝えたいこと、健康や美容のこと、身体のこと、アスリートに向けたこと、各疾患や症状のことなどについてのブログを書いております。

http://ameblo.jp/yokosuka69yk/

f:id:nakami_midsuki:20160624152352j:plain

 

 研究室や自宅のPC環境やデジタルデバイス、およびその周辺に関する記事まとめました。昔に書いた研究室の新しいデバイス導入日記だったり、人文科学系ならではの文献のデジタル管理苦労話だったり、いろいろです。

 これからも更新していく予定です。

 

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com   

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

 錦織選手がクレイコートの実践目的で南米に拠点を置いてるのに対してその他トップ選手は軒並み北米か欧州に残っています。彼らはどの大会に出ていてどのようにマスターズに挑むのでしょうか。

 ATP500 リオオープン2017 錦織選手出場 テレビ中継ネット放送予定 大会展望 

 今週行われる大会の出場選手を見てみましょう

 

ATP250 オープン13フランス大会

 開催国:フランス

 開催都市:マルセイユ

 サーフィス:ハード

 

 主な上位出場選手

  シード1:モンフィス(フランス)

  シード2:ツォンガ(フランス)

  シード3:キリオス(アメリカ)

  シード4:ブイユ(フランス)

 ここまで2回戦から出場

  シード5:アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)

  シード6:ガスケ(フランス)

  シード7:シモン(フランス)

  シード8:ペール(フランス)

 ずらりとフランス勢が並びますが、キリオスやズべレフなど若手有力株もいてなかなかの面子です。

 面子だけで言えば、ATP500であるリオオープンより豪華と言えるでしょう。

 

ATP250 デルレイ・ビーチ・オープン

 開催国:アメリカ

 開催都市:デルレイビーチ(フロリダ)

 サーフィス:ハード

 

 主な上位出場選手

  シード1:ラオニッチ(カナダ)

  シード2:カルロビッチ(クロアチア)

  シード3:ソック(アメリカ)

  シード4:クエリ(アメリカ・前回優勝シード)

  シード5:ジョンソン(アメリカ)

  シード6:トミック(アメリカ)

  シード7:デルポトロ(アルゼンチン)

  シード8:エドモンド(イングランド)

 こちらはシード優遇はなく、全選手が1回戦から登場です。

 注目はラオニッチとデルポトロですが、その他のシード外の選手を見ますと、40~60位の選手がごっそり出場してます。

 これは、3月に行われるアメリカ・インディアンウエールズでのATP1000マスターに向けて、ATP500メキシコ大会を兼ねて調整している選手が多い事の現れです

 尚、日本から西岡選手、サンティラン晶選手が出場します。

 

ビック4はいずれも静養中

f:id:chiyasyas:20170221030520p:plain

 いずれの大会を見てもわかる通り、マレー、ジョコビッチ、ナダル、フェデラーのビック4はグランドスラム以降今週までは試合の予定がありません。(ナダルはロッテルダムを回避)

 彼ら程になれば実戦経験は既に十分あるので、後は即大会で力を発揮できるという勝算もあるのでしょうし、グランドスラムに照準を絞る場合はこの時期はゆっくりするチャンスでもあります。

 彼らの再始動に関しては、

  マレー ドバイオープンから

  ジョコビッチ インディアンウェールズまで休養

  ナダル メキシコオープンから

  フェデラー ドバイオープンから

 上記の予定です。

 

 ドバイオープンからの始動は意外とも取れます(マスター大会が近いながら気候も時差も大きいドバイを選んでるという意味で)が、この大会は賞金が他のATP500より倍程高くなっており、このためトップ選手を呼べます。ベルディヒ選手やワウリンカ選手も出場予定です。

 そういうわけで、お金で選手を呼べるというわけです!

 1月のATP250カタールオープンで決勝でジョコビッチ対マレーが実現したのも同じ理由です。

 

3月のマスター2大会は共にハードコートでの試合

 また、3月に行われる2つのATP1000マスターの大会はどちらもハードコートとなっており、この段階からクレイで調整する選手は多くないという事情もあります。

 錦織選手が自分自身でまだまだ調整中と言ってるのを見ても、リオオープンは100%全快を期待するのは難しいとは思いますが、できるだけポイントは稼ぎたい所です。

 アルゼンチンオープン 準優勝 錦織選手 試合後コメントから見る展望

 また、飛び回って時差や気候差に果敢にチャレンジするティエムの馬車馬ぶりをじっくり見てみたいです。

 

#itm #jac #jal #saab340 #airport #airline

#はたらくくるま #jal#airport